2017年11月22日

精霊の教えに従い平和を愛し,忠誠と献身

 成年の儀式を控えた1人のループスとして大陸に降り立ったプレイヤーは,森を乱す正体不明の侵入者と対峙し,これを殺害する。だが,この行為により内なる凶暴な本性「サヌヤ」が目覚めてしまう。
 サヌヤを鎮めるため,大族長チヌワ・カムロゥの指示に従い,プレイヤーはループスの守護神ウルゲン・テンザに科せられた試練に挑むことになる。試練を乗り越え,サヌヤを克服したプレイヤーは,再び森に現れた侵入者の仲間らしき人物を追跡するが,そこでチヌワ・カムロゥの知人であるマティアス・ハビヒッツと出会い,村に皇帝ハルトマンの魔の手が伸びていることを告げられる。その狙いは,ウルゲン・テンザなのだという。  

Posted by やまっち at 17:09Comments(49)TrackBack(0)

2017年11月21日

『MONSTER OF THE DEEP: FFXV』

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、スクウェア・エニックスのPSVR専用ゲーム『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』の映像を公開しました。

本作は、『FINAL FANTASY XV』の世界に入り込み、釣り人として様々な魚を釣っていくVRフィッシングアクション。釣りだけではなく、水中に潜むモンスターとの戦闘を楽しめます。

上記の映像では、芸能界きっての釣り人である哀川翔氏が、釣りの心得を紹介しながら本作の魅力的な要素の数々を体験しています。釣りや昆虫収集をはじめ、様々な趣味を楽しんでいる同氏ですが、さすがにモンスターと戦うのは初体験だったようです。

『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』は、2017年11月21日発売予定。価格は、3,797円+税です  

Posted by やまっち at 19:01Comments(49)TrackBack(0)ゲームイベント

2017年11月15日

秀逸な“勘違い”喜劇「泥棒役者」/週末エンタメ

勘違いに次ぐ勘違い…。まるでお笑いコンビ、アンジャッシュのコントを見ているようだ。

 関ジャニ∞・丸山隆平(33)の単独初主演映画「泥棒役者」(18日公開)は、昨年度前期のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の脚本を手がけた西田征史氏(42)が監督、脚本を手掛けるオリジナル喜劇。

 恋人の美沙(高畑充希、25)と幸せな生活を送っていた元泥棒のはじめ(丸山)は、昔の泥棒仲間(宮川大輔、45)から、美沙に泥棒だった過去をばらすと脅され、ある豪邸に盗みに入ることに。そこで「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」に間違えられ、その都度、捕まりたくないはじめは勘違いされた役を必死に演じるハメに…。

 さまざまな勘違いがクロスしながら進んでいく展開。緻密に作られた勘違いの応酬は、クスッと笑えて飽きない。まさにアンジャッシュの代名詞の「勘違いコント」を思わせる。

 この勘違い合戦を成立させるため、丸山、西田氏、市村正親(68)、宮川の4人は、撮影の数週間前から丸山宅で台本の読み合わせをする気合の入れよう。市村が「読み合わせがコンビネーションのよさにつながった」と振り返るように、スクリーンにも反映されたようだ。

 やさしく、人の良い主人公は、丸山の愛嬌あるキャラクターと相まってまさにハマリ役。マッシュルームカットでハイテンションな絵本作家を演じる市村のコミカルな演技も必見だ。他に編集者役の石橋杏奈(25)、セールスマン役のユースケ・サンタマリア(46)らの存在感も光っている。

 丸山と西田氏は、2012年に丸山の主演舞台「BOB」で西田氏が演出を担当して以来、プライベートでも親交がある。丸山は今回、もじゃもじゃヘアが特徴な役どころだが、西田氏から「ビジュアル解禁までは、もじゃもじゃヘアが分からないようにしてほしい」と言われ、撮影中にあったテレビ収録の際は毎回、パーマを直していたという。テレビの視聴者にいつも通りだと“勘違い”させる丸山の地味な苦労もあって完成した一本だ。(青森正宣)  

Posted by やまっち at 16:23Comments(46)TrackBack(0)ニュース

2017年11月11日

PS4向けインディーゲームセールが開催

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、PlayStation 4向けインディーゲームのセール「ベストヒットインディーズ 2017 Autumn」をPlayStation Storeにて開催中です。

2017年11月15日(水)までの期間中、100タイトル以上のPS4向けインディーゲームが最大80%オフのディスカウント価格で販売されます。さらに、PlayStation Plus会員には、特別割引が適用されるとのことです。

ラインナップには、幻想的なビジュアルが特徴のアドベンチャー『RiME』や、自分が動くときだけ時間が進むFPS『SUPERHOT』、ローグライク型アクションシューティング『Enter the Gungeon』をはじめとした珠玉のインディーゲームがあるので、興味のある読者は、早速こちらのページからチェックしてみましょう。  

Posted by やまっち at 17:34Comments(43)TrackBack(0)ゲームニュース

2017年11月07日

イギリスの“走るだけで自動車の充電ができる道路”が

イギリスで計画されている“電気自動車の充電が可能な道路”のプロジェクトが、任天堂のレースゲーム『F-ZERO』の様だと話題になっています。

このプロジェクトで開発されている道路では、その路上を走るだけで電気自動車のバッテリーを充電可能。もとは韓国の路面電車において2年前に考案されたシステムで、それをさらに進歩させたものとなっています。  

Posted by やまっち at 14:00Comments(189)TrackBack(0)ゲームニュース

2017年11月03日

巨顔生物が潜む狂った世界!

インディーゲームデベロッパーApe Lawは、巨顔型クリーチャーが迫る悪夢のようなPC向け新作ホラー『Albino Lullaby』のローンチトレイラーを公開しました。Steamを始めとした配信サイトでのリリースもまもなく開始されます。

先月には巨顔クリーチャー“The Grandchildren”からの逃走劇を描くプレローンチトレイラーが公開されていた『Albino Lullaby』。往年のスリラー映画から強い影響を受けた本作はエピソード形式で構成されており、9月15日17時よりSteamやIndie Game Standを通してシーズン1第1弾エピソードが配信予定です。ローンチトレイラー映像では、巨顔クリーチャー達がそこかしこに潜むサイコなマップ環境を披露。ゴア表現や暴力演出が存在しない異質のホラー性が垣間見えるのではないでしょうか。  

Posted by やまっち at 15:47Comments(49)TrackBack(0)ゲームイベント